禁煙治療

禁煙治療について

2006年4月から、禁煙の治療に保険が適用されることになりました。これは、喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、“ニコチン依存症”という病気としてとらえ、必要な治療を行なうという考え方です。
治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

【禁煙サポートサイトのご紹介】

すぐ禁煙.jp(提供:ファイザー株式会社)
いい禁煙(提供:ノバルティスファーマ株式会社)
ニコレット公式ホームページ(提供:ファイザー株式会社)

受診に必要なもの

保険証をご提示ください

受付時に禁煙治療で来院された旨をお伝えください。
問診票(TDI)をお渡しいたします。
 

保険適応の条件

① ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDI)で、ニコチン依存症と診断された者であること。
 ※ スクリーニングテストって?
  簡単なアンケート形式の問診票です
  受付時にお渡しいたします

② 1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じて得た数が200以上であること。
 例: 1日20本×10年以上 など

③ 直ちに禁煙することを希望していること。
  禁煙治療の標準手引書に則した、禁煙治療の説明を受け文書により同意していること。

どのように治療するの?

① 治療前の問診・診療
 禁煙治療のための条件確認を行います
 受付時、窓口で問診票をお渡しいたしますので、禁煙治療を希望される方はその旨をお伝えください

② 呼気一酸化炭素濃度の測定
 呼気に含まれる、一酸化炭素濃度を測定します。
 測定方法は、大きく息を吸い込んだあと、測定機器のマウスピースをくわえて、ゆっくり息を吐き出して計測します。
 喫煙をしていると、一酸化炭素がタバコから一部体内に入り、呼気にも出てきます。
 一酸化炭素は、血液中の酸素を運搬するヘモグロビンに、酸素の約250倍くっつきやすくて離れにくいため、全身の細胞を酸欠状 態にし、濃度が高い場合死に至ります。

③ 診察
 禁煙実行、継続へ向けてのアドバイス

④ ニコチン製剤の処方
 平成20年7月から禁煙治療薬に飲み薬もできました!
 詳しくは当院医師に直接お尋ねください。


 ※診察回数には個人差があります

診察代のほかに別途お薬代がかかります
詳しくは調剤薬局にお問い合わせください

絶対にやめられますか?

一般的な禁煙成功率は、約30%程度と言われます。
 病院へ受診された方は、それなりの意思をもって来こられるので、当院での8週後の禁煙率は80%以上になります。
 但し、その後の禁煙継続率は正確には把握できていません。
 外来を受診された方には、禁煙の継続を伺うようにしています。


 

0143-85-2746

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now